投稿者「ndjdndnsif」のアーカイブ

わき毛を気にし続ける人生

毛深い、というのは女にとって一生かかる悩みだと思います。普段は見えない場所、わきの下とかすね毛とか夏の季節になると慌ててしまいます。

冬の間は隠れて見えないのでそこまで処理や手入れはしていないのですが、夏になると薄着になり見えてしまいます。そうなってから慌てて処理をします。

わきの下もすね毛もそっとカミソリを当てます。慌てて処理をするから間違って切ってしまう事もあるのでかなり慎重に行います。

こういう時、毛深くなければいいなと考えます。そんな事ないと思っていましたが、他の人の話を聞くと自分は毛深いのだな、と思い知らされます。

わき毛などの処理をする機会が他の人と数が違ったのです、他人より多いなと思うとかなり恥ずかしさが勝ります。

よくは知りませんが普通、男の人は毛深い女性はどう思うのだろう、と。別に男の人によく思われたいから毛を処理しているわけではありません。

露出のある服を格好よく着こなしたいから、見られてもいいように処理しているだけです。それでもちょっと油断しているとあっという間に毛深さが表れてしまいます。

お風呂に入っている時などに脇に手をやったら、フサッとしている事に気づいて、しまった、と思う時自分の毛深さが嫌になります。

脇などは特に利き手でない方で処理をする時、誤って切ってしまうと絆創膏で止血しますが、そんな物を付けていれば処理に失敗したと言っているようなものです。

女ならすぐにピンときます。永久脱毛している人には分からない事だと思いますがわき毛の処理は誰もが経験し失敗してくる箇所です。

わき毛が凄い事を知られる事も恥ずかしいですが処理に失敗したところを知られるのも同じくらい恥ずかしいものです。

もっと毛が薄ければいいとも考えますが、それはイコール髪の毛なども薄くなるのかもしれないと思うと微妙なところです。ならばこまめに処理をするしかありません。

幸いなのは男性のように髭が生えてくるわけではない、という点です。産毛は生えてくるので顔の産毛もカミソリで剃ってはいますが、わき毛ほどではありません。

わき毛を処理する時はずっと腕を上げていないといけないし、それも腕が痛くなってしまうので何かもっと簡単に処理できる方法はないものかと毎回考える程度には毛深さに悩んでいます。

私は埼玉県上尾市に住んでいるので、上尾市でわき脱毛が安い脱毛サロンを探しています。夏までにどうにか薄くなってくれれば良いのですが。

ネガティブ脱却のために明るい未来を

私は幼少時代から今になってもネガティブな性格です。ですが、こんな私でも今は20代で結婚もし母親になりました。

母親は強しという言葉がありますが本当にその言葉通りだと感じます。子供にはすぐ分かってしまうんですよね。

子供も3歳。今やんちゃ盛りで毎日育児におわれ大変ですが毎日毎日違う顔を見せてくれるので楽しくてしょうがないです。

今はまだ一人ですが二人目もほしいです。これが将来の一つ目の予定。

20代になり社会人になってからは手帳を持ち歩くようになり真っ白なページを予定で埋め尽くすのが好きだった私。

結婚して一時期失業中の時期もありましたが、笑顔は絶対に忘れないようにしていました。

それでも予定がないと落ち着かず、一人になると暗い私が出てきていました。

ネガティブにつづき大人になった今でも人見知りで初対面の人は苦手です。

そんな私を知っている主人はいろんなところに連れて行ってくれました。

主人は野球チームに入っていたのでまわりはおじさまだらけだったけど楽しかったです。今でも継続中です。

仕事も決まり、主人とのお休みが合うのは日曜日のみ。

今は子供がいるので久しぶりに二人でデートしたいと言っているもののなかなかできずにいるので近い予定はデートですかね。

そして、子供っぽいかもしれませんが名探偵コナンの映画、コード・ブルーの映画を映画館で見ることが楽しみで仕方がないのです。

まだまだ空白の多い手帳ですが私の未来の予定は楽しみなことでいっぱいなんだなと思うと幸せな気分になります。